人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月11日~15日 スミラン&スリンクルーズ

タイソンクラーン(泰正月)の休日モード真っ只中。
陸は水かけ祭りで大盛り上がりの中、タイ国内在住のダイバーの皆様たちにとっては、待ちに待った連休で、クルーズウィーク!!
ということで毎年恒例、バンコク在住のお客様が中心メンバーとなるソンクラーンクルーズが開催されました!!
と、ここまでだと、いつものクルーズなのですが、今年は、なんと日本から取材の為に月刊ダイバー等でもおなじみの水中写真家 鍵井靖章に参戦いただきました!!

d0086871_1654288.jpg


人気カメラマンが乗船ともなれば、今回はタイ国内在住の方たちのみならず、この日の為に合わせて日本から参加いただいたお客様、それから何とはるばるアメリカ合衆国より参加のカップルなどなど含む総勢19名!!
スタッフは シゲ、タクヤ、ミホ、シュンスケ、ジョナサン、そして MARCY(取材といえばやはりこの人!今シーズン、シミラン初登場!!)以上のメンバーでご案内です。

d0086871_16552982.jpg


いよいよ4月でクルーズシーズンも終盤に突入です。
もしかして既にローシーズン、下手したらオフシーズンなんて思っている方おられませんか?
チョット待ってください!!
4月はまだまだトップシーズンですよ!!2,3月から引き続き、海のコンディションも良く穏やか、相変わらず魚はグッチャリです。そして何よりもお目当ての大物たちも出てくれる機会が増えてきます。これには船の数自体が減るということが考えられますが、とすると、、3月までに比べてダイバーの数がグンと減るので一つのポイントを貸切なんてことも!!
航空運賃も安くなるこの時期は単にハイシーズン以上にお得な時期かもしれません!!そんなこんなで例年2,3月が取材時期なのですが、どうしても4月の海を紹介していただきたく、今回鍵井さんにはかなり強行スケジュールの中お越しいただきました。(マジでありがとうございました!!m(。。)m)

最近、シーズン終盤になって水中のコンディションが上がってきてると聞くのですが、実際どうなんだろう。最近シミランブルーとご無沙汰の自分としてはかなり
スッコーーーンとぬけた水中世界に期待です。
そして気になるクルーズ報告は以下の通り!!

4月11日 10時30分パトン港出港 夜空に咲く大輪の花火炸裂!!

4月12日 ダイブ1 ウォール(イースト オブ エデン)

朝から大雨が降って景色が見えなくなりこりゃどうしようなんて思ったのも一瞬、程無く雨はやみパッとお天気に。本当アンダマン海の天気はヤンチャ者です。ハラハラさせてくれます。
ということで、カメラ派ダイバーが多かった今回のクルーズ、まずはシミランの美しさをアピールすべく1本目から人気の癒し系ポイントでEN。
ここのポイントは単に生物が多いだけでなくその住処がとにかく華やか!!
いつも目にするあの魚、この魚もバラエティーに富んだ構図で押さえることが出来ます。
勿論潜っているだけでも最高の癒しポイントです。
今回も流れもなく、日も差していて気持ちいい1本でした。

d0086871_16575671.jpg


      ダイブ2 エレファントヘッドロック

今回はとばしますよ!!
1本目の癒しに対して2本目はシミラン内でも人気の高い地形ポイントでEN。
ここでのお目当ては迫力のロウニンアジ、カスミアジ軍団!!ただ、今シーズンは数がかなり少なめ、今回も会えた人、会えなかった人が。。。
で、気になる取材班はというと、、、ロウニンは残念ながら、ただ、こういった岩系ポイントはヤッコがキレイ!!ワヌケヤッコが4匹(普段は2匹)からみ合ってるじゃないですか?こりゃシャッターチャンスと思うより早く鍵井さんもうカメラ構えてました!!
やっぱ早いわ!!
ここでのもう一つの獲物はばんちょうの風格満点のオニカマス、体長1Mくらいあるんじゃないかな!!魚雷のようにふっとくてとにかく堂々としてます。あのギラついた目には勝てないっす。


  ダイブ3 ボン ウェストリッジ

午後から北上開始!!お目当てはとにかく大物!!
シミランの4月をアピールするにはここでマンタを押さえておかねば。。
他の船もいないし、ここで会えれば独占状態間違いなし!!念入りにスタッフ間で協議して最近良く居ついている側のポイントでエントリー!!
まずは例のごとく、ジョナサンチームが先頭きってGO!!そして後から皆がエントリー。
そしてまもなく・・・見事勝利!!
傷一つ無い美しいマンタが優雅にホバーリング中。その後2度、3度、4度とダイバーの周りを優雅に泳いでくれたあと、そしてまたクリーニングへ。
皆さんマンタを思いっきり堪能した一本でした。
取材チーム安全停止中には名物ハーフホワイトマンタも登場。ただここは鍵井さん全力で撮りに行きましたが、フルスピードでも追いつかず心残りが。。

ダイビング終了後のジョナサンの一言:入ったらすぐマンタが3枚いて、白いのもいてなんかマンタがマンタにアタックしてたよ。そのまま逃げて言っちゃった。
・・・!?ということはまさか僕等が目にしたのはジョナサンチームに追い払われた後のマンタちゃんだったのか。。
いやよく戻ってきてくれました。ホントありがとう!!

d0086871_1895052.jpg

d0086871_18102087.jpg


  ダイブ4 タチャイ ツインピークス

サンセットといえば、おなじみツインピークスです!!とにかく魚影満点のこのポイント。
今回はメインの根のすぐ近くまでイエローバックフュージュラーの群れが押し寄せてきてました。
となると、勿論回りには大型回遊魚が!!これまた名物のでっかいカスミアジが群れを割って突っ込んできます!!捕食好きにはたまらないシーンです!!
と、今回鍵井さんのカメラにアクシデントが。。。って水没じゃないです。
1本でワイドとマクロ必ず2台のカメラを持って入るので、撮影中は使わない方を預かってるのですが、撮影も半ば鍵井さんが僕の預かるカメラを指差して何かをアピールしてるじゃないですか??
何だろう、カメラ交換?と思ってふと手元の物に目をやると、なんと見慣れないキティーちゃん?のシールがハウジングに。。。。はっ!!しまった!! お客さんのカメラと間違えてしまった。「イコさんゴメンナサイm(。。)m」 ということで?トラフハンター?のMARCYに鍵井さんを任せて、急いでカメラの交換へ、、(船をブイにつけといてよかったぁ。。)そして
トラフハンターもしっかりトラフザメをゲットしてくれて、任務は無事に完了しました。


  OPナイト スリン タートルレッジ

ナイトといえばやっぱり夜9時は過ぎないと。ということで(いやスケジュールが押しただけです)夕食後のナイトダイビング敢行です。
場所はスリン!ここの売りは何と言っても船がいない、人が入らない、イコール 生き物がいっぱい!!こんな静かなナイトダイビングが出来るのはやっぱスリンならではです。
水深6メートルほどでなんとシーフードレストランで7,000バーツはくだらないであろう巨大なイセエビをゲットしました!!
けど鍵井さん、ナイトで70分の撮影ダイブってどんだけ集中してるんですか??って言うくらいあっという間でしたね。そんなに潜ってられるのもこの海が温かいからですね。
ホント感謝です。

4月13日 ダイブ1 スリン トリンラ  朝食後スリン上陸

昨晩の調べでリチェリューには船が14隻近く集中するという情報をゲットしたので、さすがに多すぎると思い一本目はスリンで潜ることにしました。
ここ最近見かけないカンムリブダイの行進!!せめて一匹だけでもと思いましたが、親分達はどこへ行ってしまったのだろう??けどここの素晴らしさは、同じ海でありながらシミランでは見られない魚の群れ群れに会えること。特に浅場5メートルでのチョウチョウウオ系の群れ方は圧巻でした。
ここで鍵井さん初アンダマンフォックスフェイス(ヒフキアイゴのインド洋型) ゲットです。
長年アンダマン海に通われてて、なんと今回が初の対面だったとか。思う存分押さえてもらいました!!

d0086871_1762095.jpgd0086871_1765422.jpg








  ダイブ2 リチェリューロック
  ダイブ3 リチェリューロック
  ダイブ4 リチェリューロック
日中の残りはリチェリュー3本勝負です!!

船が14隻近くいると聞いていたリチェリューロック、いざ出陣!
着いてみると実際には12隻前後と少し安心。エントリー時間も他の船とずらしていたため、水中は思ったより広々。流れは弱く、透明度も良しです!
えぇ!?まだ潜降途中なんですが・・・水中に入ったとたんに群れの中、リチェリュー名物「ブラックフィンバラクーダ」登場です!
体長1m以上あるバラクーダの群れ、間近で見ると怖いくらいの迫力があります。
今回のバラクーダはサービス精神旺盛、根回りのスカンクアネモネフィッシュやトマトアネモネフィッシュ見ている時も頭の上をぐるぐる。
カメラのお客さんも気が散って大変です。(笑)
バラクーダに別れをつげて、今度はマクロに。
最近、だんだんと大きくなってきているタイガーテールシーホース、小さな黄色の個体も元気そうです。赤や紫のキレイなソフトコーラル、ふと見ると、あっ!ゴーストパイプフィッシュを発見。よ~く見ると体がキラキラと光り、とてもキレイです。他にも、キンセンフエダイがカーテンのように群れていたり、その向こう側からはホソフエダイの群れが登場と下から上まで目が離せません!
っと、ここでSHUNSUKEチーム、
Mrs.TAKAHASHI 100ダイブ達成!
記念写真を撮ろうと場所を探していると、あぁ~!ガンガゼウニが!あぁ~!ハナミノカサゴが!っとテンヤワンヤ、そんなこんなで無事撮影終了。
忘れられない?記念ダイブになりましたね、おめでとうございます。

d0086871_1741936.jpg

d0086871_17263291.jpg


  OPナイト タチャイ タチャイリーフ

その日のナイトはまたまた夕食後になりましたが、そこはダイビング大好きの皆さん、気持ちよ~く夜の水中世界を堪能されました。

4月14日 ダイブ1 ボン ウェストリッジ

当初この日はシミランから1本目のスタートだったのですが、あの心残りを払拭すべく白いマンタねらいの1本勝負!!
エントリーは前回と一緒、違うのは時間帯だけだ!!(これが結構重要か。。)
みんな朝から元気良くエントリー!!
そして結果は・・・・・・・・・・・あえなく撃沈。。(そう思い通りに行かないのが海の世界)
けど今日はシミランで残り3ダイブ!!まだまだ楽しみが盛りだくさんです。
いつでも前向き、次のダイブに乞うご期待!!
これもクルーズの醍醐味ですね!!

d0086871_17282871.jpg


  ダイブ2 シミラン ブレックファーストベンド(ゴリラベイ側)

2本目のポイント選択はヒジョーーーーーに悩みました。。 
岩系の地形でダイナミックダイブか!それとも砂地でのんびり!一発大物ねらい!
などなど、そして選んだのが、ここ!!やっぱりシミランに戻ってきたらのんびり潜りましょうよということで、皆さん砂地でハゼウォッチング開始!!オーロラさんに、ヒレネジさん、ブラックさん、とうとうこの辺で見られる代表的なハゼをじっくり堪能、と思いきやミホチームちゃっかりトラフザメ見てたそうな。
※鍵井さんの姿が見えてたらしいが、呼ぶ前に逃がしてしまったと。。。
こらっミホーーーーー!!

と、ここでも記念ダイブがMr.TERADA、100ダイブ達成!! 今回はこの時のために機材も新調されて、本数もこのクルーズに合わせる為に2日前からデイトリップにも通われました!!そしてダイバーになられて短期間での100本達成!!お見事です!!これからもどんどん潜ってください。次回は是非タオの海にも行ってくださいね(TGで。。)(笑)


d0086871_18111191.jpg


  ダイブ3 シミラン コーラルリーフ

コーラルリーフは言うまでも無く今シーズン、シミランで最も美しいポイントじゃないでしょうか?砂地も珊瑚も魚もどれをとっても安定感が感じられます。お客さんを案内していてもなかなか滑らないポイントですね。今回は中層を延々と続くイエローバックフュージュラーの行列を見ながら、美しい珊瑚の根とそこに住む魚たちをたっぷり堪能してもらいました。視界も上々でほんと気持ちいいダイビングでしたよ!!

d0086871_18115695.jpg


  ダイブ4 シミラン シャークフィンリーフ

そしていよいよ最終ダイブの時間がやってまいりました!!
自分の思うシミランクルーズはここでの最終ダイブ無くしては語れないというくらい毎回このポイントです。
と、それだけ思い入れが強いポイントなのですが、とにかく美しさ、激しさ、癒し、爽快感、そんな全てを感じてもらえたら最高のポイントです。
そんな中で記念ダイブを迎えた方、奥様に少々遅れること間一髪今クルーズ最終ダイブでMr.TAKAHASHI、100ダイブ達成!!おめでとうございます!!そして、ダイビング界の為に投じた金額はそろそろベンツ1台!!バンコクサイアム潜水隊から参加のMr.箱河豚(ハコフグ)こと、

久住さん何と800ダイブ達成!!
本当におめでとうございます!!そして今回のクルーズも壮大な地形に見送られながら終了です!!

d0086871_1774664.jpg

d0086871_1723815.jpg


(全14ダイブ完了)

夜は、恒例のバーベキューパーティー!!
とここからが始まりました、最近ボチボチやってます
シミランプーケット横断
      ウルトラクイーーーーズ!!
 
司会進行SHUNSUKEの「みんなーー、プーケットへ帰りたいかーーーーー!!!」の掛け声から始まり船の大きさを最大限に使った○×クイズのスタートです!!
ちなみにロープ係は知る人ぞ知るMARCY!!残念ながら全問正解生き残り者はおりませんでしたが、皆さんそれぞれ景品ゲットで無事にプーケットへ到着!!楽しんで頂けたでしょうか??

d0086871_17252987.jpg


下船日の朝、皆よりも一足早く鍵井さんが下船!!
イコさん、MARCYと共に陸路4月のタオ島取材に旅立っていきました!!

今回のクルーズ一言でまとめますと、いやーーー潜ったなーーーー!! です。(私事ですが)とにかく長時間潜りました。やはり取材ではいると時が経つのを忘れてしまいます。ほんとマメにダイコンと残圧チェックしないと。。。
気になる水中のコンディションですが、透明度は期待したほどではなかったのですが、一時期のややグリーンに比べて、青さが増してました。全体的に水温が高めで水中はやや白っぽい気がしましたがそれでも気にならない程度で、何よりも魚影の濃さは相変わらずすごく、今シーズン中に出会ったマクロたちも健在だし、マンタもトラフもいたしと、GOODでした!!これから、多少天候が変わってきますが、GWに向けて期待できそうです!!

今回の取材 タイトル「4月のタイ(仮)」 ダイバーのためのウェブマガジン WEB-LUE www.web-lue.com にて2008年11月掲載予定!!そこにはプロのカメラマンの目が見たもう一つの水中世界が広がっています。是非ご覧下さい!!

鍵井靖章(かぎいやすあき)氏 プロフィール

水中写真家。
1971年、兵庫県川西市生まれ。
大学在学中に水中写真家・伊藤勝敏氏に師事し、水中写真をはじめる。以後、オーストラリ、伊豆、モルディブでダイビングガイド業に従事しながら、撮影に取り組む。モルディブ時代に休暇先のオーストラリアで交尾シーンを撮影した「ミナミセミクジラの海」で‘98年にアニマ賞を受賞。それを機に帰国し独立。現在は世界の海をフィールドにあらゆる事象を撮り続けている。

雑誌
月刊ダイバー、週刊誌フライデー、朝日新聞、週刊現代、週刊文春、ニュートン、コンチネンタル航空機内誌、BE-PAL,アサヒカメラ、アサヒグラフ、月刊現代、フラウ、クレア、ダイビングワールド、月刊美術、デジタルカメラジンなど。
著作
写真集「海色えんぴつ」(写真・鍵井靖章、文・安延尚文・PHP研究所)を出版(2004年)
今年(2008年10月)にイギリスで初の本格的写真集「Deep Blue」(Carltonbooks)を出版予定。
同時に翻訳本をフランスで出版予定。

受賞歴
1998年 第15回アニマ賞受賞(平凡社)タイトル「ミナミセミクジラの海」
2001年  ネイチャーフォト部門賞(講談社『週刊現代』主催)受賞
2003年 日本写真協会新人賞受賞


by SHIGE

今日もワンクリックお願いしま~す♪

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
by kata-andaman | 2008-04-21 17:38

4月17~18日 スミランショートトリップ

サウスサイアム号でスミランクルーズ 1泊2日に行ってきました~。
バンコク在住のKumagai様ご夫婦
d0086871_18524535.jpg

2月にスクーバエクスプローラー号で初のスミランを体験したお二人です。

d0086871_18531433.jpg1日目
Dive 1 コーラルリーフ(No.5.6)
Dive 2 イーストオブエデン(No.7)
Dive 3 チャイニーズウォール(No.4)
Night お休み


d0086871_18551871.jpg1本目は癒し系。クダゴンベハナフゲウツボ健在です。ハナヒゲウツボはなんだか大きくなったみたい♪ホシテンスの幼魚もフラフラと。2本目はハナダイ達の楽園!綺麗です。アンダマンジョーフィッシュもピコピコ♪安全停止中にはタイマイがスイスイ泳いできましたよぉ。3本目、水中は万里の長城のようなものすごい長い岩がデーン。フュージュラーがすごい量で集まり、戯れること10分。

d0086871_18561354.jpg2日目
Dive 1 エレファントヘッドロック
               (No.7.8)
Dive 2 ディープシックス(No.7)
Dive 3 ウエストオブエデン
   →コーラルリーフ(No.5.6


d0086871_1857110.jpg今日は地形ポイントです。水中景観を楽しみつつ、ワモンダコムスジコショウダイゴーストパイプフィッシュも上手に擬態してました。2本目も地形ポイント。シテンヤッコワヌケヤッコモンガラカワハギがそこらじゅうに泳いでいます。ハタタテハゼも綺麗。
3本目はウエストオブエデンの予定でしたが。。。風が西風にかわり西側のポイントは中止!初日と同じポイントのコーラルリーフへ。今度は砂地でヤッコエイモンダルマカレイを見たり、綺麗なウミウシを見たり、同じポイントでもまた違う楽しみ方が出来ますね。

1泊2日じゃ、ちょっと物足りなかったですか?
また一緒にダイビングしましょうねぇ!今度はまたM/V Scuba Explorerで。

海況 天候:晴れ時々曇り  風:午後から西風  流れ:ほぼなし~弱く
透明度:12~20m   水温:29~30℃


ByカタダイビングサービスSachi


なんだか最近1日一回は雨が降るプーケットです。風も雨季の風になったり。。。
まだ雨季じゃないよぉ~007.gif
もう少しでプーケットのハイシーズンも終わりです。
まだCruise残席ありますよぉ056.gif残席情報はこちらから。ワンクリックもお願いしま~す♪

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
by kata-andaman | 2008-04-19 19:20

4月12日 スミラン デイトリップ

スミランデイトリップです。
朝6:30にカタを出て、タプラム港に8:30到着。
着いて車から降りたとたんにピュー! 
水鉄砲でしっかり濡らされました。
ソンクラーン、明日からなんですけど。。。勘弁してください007.gif
タプラム港から一時間ちょっとでスミラン諸島に到着。
そこでも上からバシャバシャ水を掛けられ、朝から濡れっぱなしです。
d0086871_12231191.jpgDive1 North Point
2年ぶりのダイビング。昨日予行練習でもぐってますからね、楽しんでいきましょう♪

透明度20~25m、素敵!
泳ぐレオパードシャークに綺麗な色のハタタテハゼ
でもここのポイントは何より浅場のサンゴが綺麗。

d0086871_1230158.jpg一番見たい魚→カメというケンくん。
ものすごい探した~。でもいない。。。残念。
ここにくればほとんど見れるのに~015.gif
とはいっても始めてのスミランに満足の様子。

d0086871_12344496.jpgDive2 Three Trees
こちらも透明度20~25m。癒しですねぇ。
と、そこへ小さな小さなタイマイ(カメ)登場!いやぁ~見れると思わなかった~。
ケン君の見たいという強い気持ちが伝わったのですね~010.gif
他にもレオパードシャークオーロラパートナーゴビーホウセキキントキをのんびり見て、そろそろ安全停止かなぁなんて所に

d0086871_12371445.jpg今度はナポレオンフィッシュ登場!
ついてるねぇ。
2本とも透明度Good049.gif流れ穏やか053.gifで快晴058.gif。言うことなしっ!

d0086871_12444744.jpg

今度は是非クルーズでスミランに行きましょう~!
お待ちしていま~す!!

By カタダイビングサービス Sachi


今日はソンクラーンですよぉ。クルーズ船上でも水掛け祭りしてるかなぁ?
みなさん、水を掛けるかわりにワンクリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
by kata-andaman | 2008-04-13 12:49

4月7日 シャークポイント方面

d0086871_14351077.jpg
 このところ朝は風が強く波立っていますが、やはりソンクラン前だけあって、昼過ぎからは風もぴたっと止んで、刺すような日差しが照りつける今日この頃です。
 とはいえこの日のシャークポイント方面は海の上も、海の中もとても穏やか。定年後の第二の人生を、ダイビングとスキーで楽しんでいるというスガイさんの、63回目の誕生日に、ご一緒してきました。
d0086871_1415556.jpgd0086871_14165784.jpg


1本目 キングクルーザー
相変わらず、キンセンフエダイの壁のような群れは健在。壁の隙間をかき分けるように進むと、イエローバンドフュージラーのカーテンのような群れが上下左右に大きく揺れ、その先にはジャイアントフュージラーがゆったりと群れをなしていました。水深20mあたりでは、ピックハンドルバラクーダツムブリが、水底から沸き上がるかのように入り乱れる姿は、なんとも圧巻でした。
d0086871_14182694.jpg2本目 シャークポイント
この日は透明度が20m~25mはあろうかと言うくらいコンディションが良く、魚たちもソフトコーラルも色鮮やかに見えました。ワヌケヤッコサザナミヤッコの青い身体がクッキリと輝き、ホソフエダイタイワンカマスの群れも目の前をゆったりと泳いでくれました。まさに竜宮城という表現がピッタリの1本でした。

d0086871_14252771.jpgd0086871_14214560.jpg


d0086871_14335891.jpg3本目 ドクマイ島
潮汐表では1時間に60cmずつ流れるということで、安全策をとって西側のポイントへ。時間帯もちょうど西日がさすころで、いつになく明るい水中でした。2匹のサビウツボが絡み合う姿や、小指サイズのミナミハコフグなど、やはり小物が中心のダイビングでした。
By NARA

《タイ・プーケットの海情報。スミランクルーズももちろんカタダイビングサービスで》

ブログランキングに挑戦中! ポチッとクリックお願いします
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

by kata-andaman | 2008-04-10 14:37

4月5日~7日 スミラン・スリンクルーズ

サウスサイアム4号で2泊3日のスミラン・スリンクルーズに行って来ました。
                今回のメンバー
d0086871_14265774.jpg

バンコク在住の皆様です。初日の朝、タプラム港からスピードボートでスミランに向けて出発です。
<今回の日程>
d0086871_14545736.jpg1日目
Dive1 スリーツリーズ(No,9)
Dive2 クリスマスポイント(No,9)
Dive3 ウエストリッジ(ボン島)
Dive4ナイト ウエストリッジ湾内(ボン島)

1本目は癒し系の砂地・サンゴポイントからスタートでした。砂地では、赤い涙のオーロラパートナーゴビー、ヒレナガネジリンボウなどを見ました。ホウセキキントキも赤→銀→赤と急がしそうに変身してました。そして、2本目のクリスマスポイントでは、振り返ればナポレオン!!近かったよー。ボン島で期待のマンタちゃん!
Where are you?


d0086871_145422.jpg2日目
Dive1 リチェリューロック
Dive2 リチェリューロック
Dive3 ツインピークス(タチャイ島)
Dive4 ウエストリッジ(ボン島)

2本立てのリチェリューロック。一番印象に残ったのが、キンセンフエダイの群れ。何千匹?と思うくらいとにかくすごい量でした。いや~綺麗でしたね。そのほか、タイガーテールシーホース、フリソデエビ、トマトアネモネフィッシュなどを見ました。タチャイ島は入ってすぐにツバメウオがお出迎え。大きなオニカマスにも出会えました。そして、リベンジ?皆さんの期待は膨らむばかりです。ボン島です。マンタさ~ん!!・・・・次回に持ち越しとなりました。


d0086871_14553025.jpg3日目
Dive1 イーストオブエデン(No,7) 
Dive2 ウエストオブエデン(No,7)  
Dive3 コーラルリーフ(No,5・6)
 
最終日です。まずは癒し系、東のエデンです。びっしりのキンギョハナダイをはじめ、アケボノハゼ、アンダマンジョーフィッシュ、マラヤンクロミス、そしてサンゴの隙間に小さなサメのインディアンナースシャークが隠れていました。
その西側のエデン。ダイナミックな地形の中、大きなカスミアジがマルクチヒメジと捕食中でした。最後は、スキー場のように白い砂地での1本になりました。チンアナゴや各種チョウチョウウオを見ました。ピンクのイソギンチャクも綺麗だったな~。


d0086871_15343550.jpgd0086871_1535114.jpg

d0086871_15361811.jpgd0086871_15364335.jpg


<海況>
天候:晴れ、夜時々雨   風:ほぼ無し   流れ:中~強い
透明度:スミラン・ボン島15~25m タチャイ・リチェリュー10~15m 

d0086871_15441833.jpg

ありがとうございました。次回は是非、スクーバーエクスプローラー号でお会いしましょう!!

カタダイビングサービスBY:MIHO

ブログランキングに挑戦中! できたら1クリックお願いします
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

by kata-andaman | 2008-04-08 15:54

4月6日 会いたい♪

みんなが会いたい人? No.1!!
d0086871_18285960.jpg

                          By 昨年11月の写真です。
最近パッタリお会いできなくなりました007.gif
ところが、今月に入り、Similanで出現の噂が038.gif

昨日からSimilan ShortcruiseにMIHOが行っております。
明日下船。どんなお土産話が聞けるかなぁ~♪

さらに、11日からはScuba ExplorerでのCruiseも出港します。

会いたいよぉ053.gif会えるかなぁ~053.gif053.gif

By カタダイビングサービス


この人?に会いたい方~ワンクリック↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
by kata-andaman | 2008-04-06 18:37