人気ブログランキング |

4月12日発ヒンデン&ヒンムアンクルーズ報告

4月に入っていよいよラストスパート!?

そろそろ風が雨季の雰囲気をかもし出して来ているプーケットですが・・・

行ってきました!ヒンデンヒンムアン

アメリカ人&日本人の混成13名で南アンダマン海に突撃です!

d0086871_16452985.jpg


ダイビング1日目

Dive1 Koh Haa Yai
Dive2 Hin Muang
Dive3 Hin Daeng
Dive4 Hin Daeng

さて、シミランとはまた一風変わった雰囲気が味わえるここ南アンダマン海。
中でもコ・ハーはその地形が見所No1!
一本目のコ・ハーヤイは、海からそそり立つ断崖絶壁の無人島。
その景観は水中まで広がり、いわゆるウォールダイビングが楽しめます。
キッカサンゴなどが広がる急傾斜のリーフには一面のホソフエダイやキンセンフエダイ。
中でも一番の見所は巨大水中洞窟!
洞窟は水面まで続き、洞窟内での一時浮上が可能です。
自然の鍾乳洞を思わせる景観に息をのむコト間違いなしです!
洞窟内から外をみると・・・
「わぁ~!青の洞窟みたい!」と声があがりました。
d0086871_1742742.jpg


二本目はヒン・ムアンでダイブ!
ヒンはタイ語で「岩」、ムアンは「紫」を意味する隠れ根ポイント、ヒン・ムアン。
紫というだけあって、根の周りを彩るのは紫色のソフトコーラル達!
d0086871_19415576.jpg

中層にはジャイアントフュージラーやイエローバックフュージラーが流れ星のよう!
そんなタカサゴの群れを割って・・・マ〇タ・・・ジン〇エ・・・ん?
いやぁ~サンゴがキレイだなぁ~!
d0086871_19253857.jpg


さて、3&4本目はヒン・ムアンのお隣にあるヒン・デンでダイブ!
ムアンが「紫」なら、デンは「赤」。
ヒン・ムアンとは違い、水面から頭をだしている隠れ根のヒン・デンはドロップオフとサンゴのリーフの両面が楽しめます。
d0086871_19455524.jpg

根周りには「赤」いソフトコーラルが多く群生し、タテジマキンチャクダイやワヌケヤッコなどがそこらかしこで泳いでいます。
4本目には・・・捕食タ~イム!
d0086871_19462118.jpg

逃げ惑うキビナゴやタカサゴの幼魚達にアタックするイケカツオやマテアジ、中層だけでなく根周りからもユカタハタからアミメフエダイまでと猛アタックです!
d0086871_19473999.jpg



ダイビング2日目

Dive1 Hin Daeng
Dive2 Koh Haa Neua
Dive3 PhiPhi Bida Nok
Dive4 Shark point

残念ながら昨日は大物がでなかったヒンデン&ヒンムアン・・・
あと・・・もう1本だけチャレンジ!
っと、初めはヒン・ムアンに潜る予定でしたが激流のため変更(汗)
ヒン・デンで流れに隠れてダイビングです。
のんびりと壁の亀裂をのぞいてウミウシをみたり、寝ぼけ眼のアカマダラハタに接近してみたり、
d0086871_19521677.jpg


ゆっくりと大物チャンスを待ちますが・・・
d0086871_1953619.jpg

(あんまり欲だしちゃダメよ~)

ヒン・デン、ヒン・ムアンを後にして一路コ・ハーへ戻ります。
二本目はコ・ハーヌアという島でダイブ!
このポイントもコ・ハーヤイと同じ、切り立った断崖絶壁の島。
水中にはチムニー?と呼ばれる長~い縦穴や、スイムスルーがたくさん!
ちょっとしたドキドキ感が楽しめました。
そんな地形もさることながら、ここ一番の見所は「ソフトコーラル花畑」!
d0086871_1957392.jpg

水深20mあたりから砂地が広がるのですが、場所によってはお花畑のようにソフトコーラルが広がっています。

そして・・・

南アンダマン海ということで、一度はみておきたいのが「ピピ島」。
レオナルド・ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」で有名になったのは昭和生まれのみなさんはご存知のはず?
最近、平成生まれダイバーによく出くわすのですが、この話しをしても「?」という顔をされたりします。(笑)
と、それはさておき・・・

3本目はピピ諸島、ビダ・ノーク島でダイブ!
実は今回、この二日目もヒン・デン&ヒン・ムアンで潜ることもできたのですが、なんだか大物がでなそうな雰囲気を・・・。
ひたすら大物狙いもいいですが、せっかくのクルーズなので他のポイントも!といってピピ島まで戻ってきました。
さらに、ここ最近はピピ島近辺でのレオパードシャークやブラックチップ、タイマイなどの遭遇率も高いことから、せめてでも・・・という狙いです(笑)

さて、ここビダ・ノーク島もコ・ハーと同じく断崖絶壁の島。
水中にはウォール側と砂地側両方が広がります。
どちら側を潜るかはまさにギャンブル!?
レオパードシャークを探してウォール側を潜ります!
透明度はいまいちな感じですが、その分魚影が濃い濃い!
オニアジの群れやホシカイワリの群れ、そしてなんといっても圧巻なのはキンセンフエダイの雲のような群れ!
ポイント貸し切りで他のダイバーを気にすることなく群れに突撃~!

・・・残念ながらレオパ君の影は無し(涙)
d0086871_1905366.jpg


いよいよ最終ダイブ!

最後に潜るのはシャークポイント!
ここシャークポイントはその名の通りサメが‘比較的‘よく見られるコトから名前がついています。
日帰りツアーでも毎日のように船が来る人気ポイントのここは、サメ狙いはもちろんのコト、その景観のカラフルさはプーケット近郊No1ではないでしょうか?
根周りはセンジュイソギンチャクとソフトコーラルに覆われ、外洋のポイントで潮通しもいいことから、大きなウミウチワがいたるところに!
d0086871_1910936.jpg

スカンクにトマトアネモネフィッシュ、イエローフィンバラクーダやイトヒキアジとサンセットダイブならではの捕食シーンに大興奮!

そして・・・最後の最後に・・・いました!
レオパードシャーク!
d0086871_19121223.jpg

しかも2匹GET!
じぃ~っと動かずにいてくれたので、思う存分鑑賞させていただきました!

ダイビングはこれにて終了~。
最後の夜はBBQディナーでプーケットまでのクルージングを楽しみましょう~!

そして、ちょこっとサプライズ!
夜には風も落ち着いたので熱気球(コン・ファイ)を上げてみました!
d0086871_19182498.jpg

なんと各チームごとにあげたのですが、全部成功!
大概一個ぐらいは落ちるんですけどね(笑)

<今回のおめでとう!>
Ms.O様!500本達成おめでとうございます!
d0086871_19211158.jpg


さて、今シーズンのスクーバエクスプローラー号も次回4月17日発のシミラン&スリンクルーズでひとまずお休みに入ります。
ですが、シミラン諸島は5月ゴールデンウィーク中まで潜れます!
今シーズン、まだシミランで潜れていない皆さん!
まだ間に合いますよ~!

by Scuba Explorer & Kata Diving Service

写真提供:Mr.Rey玲 ありがとうございました!


ブログランキングに挑戦中! できたら1クリックお願いします
にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

《タイ/プーケットの海情報。シミラン(スミラン)クルーズももちろんカタダイビングサービスで》

はばひろ~く知っていただくために!こちらもクリックお願いしま~す(ノ´▽`)ノ♪
タイ・ブログランキング


by kata-andaman | 2013-04-16 19:25 | ヒンデン・ヒンムアン
<< 4月18日 季節が変わると ソンクランですー! >>